記事詳細 Details of report

みやこ町の魅力発信は、観光ルートづくりから

2017年11月11日

「みやこ観光まちづくり講座」の第2回目に参加しました。
みやこ町の魅力を発信するための観光コースを立案するワークショップです。

この日の参加者は、春、夏、秋、冬の四季に対応して4チームに分かれ、
それぞれ割り当てられた季節の町めぐりコースを2コースずつ、合計8コースを提案するという作業。

ほとんど初対面の人たちが6~7人のグループになって知恵を出し合い、
わずか1時間余りの限られた時間内で、魅力的な日帰り観光コースにまとめるというもの。

お互いの自己紹介から始まり、チームのリーダーを決め、意見を出し合いながらフェノロジーカレンダーを作り、
魅力を発信できる町めぐりコースを完成させるというハードな設定。

魅力ある観光コースを各チーム2コースの提案は、あまりの短時間で中々容易ではなかったけれど、
そこは思いを持った人たちの集まり、午前中の終了時間までに、みやこ町の見どころや体験プログラムを織り込んだ
日帰り観光コースとして、素案の発表が出来ました。

撮影日:2017.11.11

この記事に拍手!

165pt

他の投稿記事
ペンネーム
ヒサノスケ
他の投稿記事

みやこ町国際交流協会の、クリスマスイベント

雄大なスケールの伊良原ダムがもたらすもの

「清流の郷、帆柱」国際交流会で、みやこ町の文化を堪能