記事詳細 Details of report

京築めぐり「けいちくサルタヒコと行く。小倉藩を支えた勇将・島村志津摩ゆかりの地めぐり」

2018年12月19日

皆様お久しぶりです。

今回は11月4日(日)に開催された京築めぐり「けいちくサルタヒコと行く。小倉藩の激動の幕末秘話小倉藩を支えた勇将・島村志津摩ゆかりの地めぐり~明治維新一五〇年の旅~」に参加してきた時の報告をさせていただきます。本当はもっと早く投稿したかったのですが遅れてしまい申し訳ございません。

<行程>
福聚寺→金辺峠(島村志津摩顕彰碑)→香春藩庁跡→かわかみ→小笠原神社→育徳館・思永館→国府の郷・みやこ甘味舎→志津摩桜

この幕末ツアーでは、サルタヒコの皆様に加え、「峠を出でて奇兵隊を撃て」の作者である小野剛史さんにも特別ゲストとして参加していただきました。サルタヒコさんと小野さんからバスの移動中などで島村志津摩にまつわる話を詳細に教えていただきました。

「福聚寺」のお墓や「金辺峠」での顕彰碑など、島村志津摩の歴史がこんな所に残されているのだということを実際に見ることができて良かったです。

昼食の「仕出しかわかみ」の「山海の幸御膳」では、猪鍋もついており、初めて猪を食べるという参加者も多かったのですが、皆さん予想よりもすごい美味しいと好評でした。

「育徳館」では、入学式などの特別な時にしか開かない「黒門」を校長先生の協力により、開けていただいており、そこから中に入ることができました。「思永館」の中を初めて見たのですが、明治35年に建設された福岡県内最古の学校建築とは思えないくらい綺麗な洋風建築で驚きました。

「志津摩桜」も初めて間近で見たのですが、その大きさに圧倒されました。また桜の咲く時期に近くで見てみたいです。

明治維新150年の年に、島村志津摩のゆかりの地をめぐり当時の歴史を知ることができて、すごく勉強になりました。また、サルタヒコさんの丁寧で面白いガイドにより楽しい時間を過ごすことができました。


メイン写真:金辺峠での集合写真
サブ写真1:仕出しかわかみの「山海の幸御膳」
サブ写真2:黒門
サブ写真3:志津摩桜

この記事に拍手!

165pt

他の投稿記事
ペンネーム
キヨ
他の投稿記事

7/26,27 福岡県庁11階にて「福岡ローカル鉄道フェス」開催!

ふるさと学習in苅田町

うみてらす豊前『コウイカづくし』