記事詳細 Details of report

神々しい天気の中で~松尾山御田植え祭~(其の2)

2018年04月15日

「畦塗り」の終盤に木々の間から晴れ間が差し込みました。
やはり、神様は見ていてくれているのでしょうか?

慌てて、カメラの絞り値とシャッタースピードの調整を
するワタシ。
メイン画像は、明るさが強く出ました。

Oさんは1/4000 露出度はー1で撮っていました。
そんなに速く撮ったら暗く、、、なっていない!
やはりカメラがいいのとOさんの腕前を感じました。

このお田植え祭は友枝小学校の社会教育の一環で
伝統が受け継がれています。
田打ち…男子児童たちが鍬を持って田の中に入り
耕す所作から、最後は良い土になるように願いを
こめて鍬が壊れるくらい地固めで土を叩きます。

続いては、お待ちかね?黒い牛が登場する「代かき」
です。モーモーと鳴きながら、時には座り込んだり
寝転んだり。なかなか飼い主の言うことを聞きません。
「ちゃんと働かんとトラクターに替えるきの」
「おい、おい、油が切れたか。油をいれんといかんの」
とユーモアに牛に話しかけます。のっそりと動いているか
と思いきや、タッタッターと駆け回る様子は見物客からも
笑いを誘っていました。

この辺りから一転して、うす曇りで肌寒くなってきました。
なんとか、雨は降らないように。神様。

この記事に拍手!

135pt

他の投稿記事
ペンネーム
ギア
他の投稿記事

ソラにミ、ツチにミがある場所~ひとえファームにて~

光と影に包まれて 1

光と影に包まれて 2