イベントの詳細 Details of event

平成30年しいだ梅祭り

イベント詳細

日時 2018年2月10日(土) ~ 2018年3月11日(日)
2018年2月17日(土)
2018年2月18日(日)
2018年2月25日(日)
2018年3月4日(日)
開催場所 綱敷天満宮境内(築上町)
電話番号 築上町観光協会0930-31-0306/築上町役場商工課0930-52-0001
ジャンル イベント
関連HP

しいだ梅祭り


綱敷天満宮は、学問の神様「菅原道真公」縁の天満宮です。社殿周辺には、約1000本のピンクや白などの可愛らしい梅の花が咲き誇ります。また、爽やかな香りもお楽しみいただけます。開催期間中に神楽やどんど焼きなどたくさんの催しもありますので、みなさんぜひお越しください。

梅の開花状況は、こちらをご覧ください。

開催日
2月10日(土曜日)から3月11日(日曜日)

開催場所
綱敷天満宮境内(築上町浜の宮)

期間中の行事予定
2月17日(土曜日)
・天神市(特産品販売):10:00~
・山内子ども神楽:13:00~

2月18日(日曜日)
・天神市(特産品販売):10:00~
・空手寒稽古:10:00~
・茶道会:10:00~
・お筝:11:00~
・どんど焼き:12:00~(ぜんざいの無料配布・個数に限りがあります)
・湯立て神楽:13:00~

2月25日(日曜日)
・大正琴:10:00~
・詩吟:13:00~
・ひょっとこ踊り:14:00~

3月4日(日曜日)
・岩丸蛇神楽:11:00~
・獅子舞:14:00~

お問い合わせ
NPO法人築上町観光協会
TEL:0930-31-0306
築上町役場築城支所商工課
TEL:0930-52-0001

掲載している写真は、平成29年の梅の写真です。
平成30年1月11日頃に梅の開花状態を確認すると、まだ蕾ばかりです。

関連情報 Pertinent information

綱敷天満宮

菅原道真が藤原時平の讒言により大宰権帥に降格され、昌泰4年(901)、京都から大宰府に配流の折に船が難破し、ここ高塚の浜に漂着しました。この時地元の人たちが船の綱を円座に敷いて迎えたという故事により、天暦9年(955)、国府の命によって社殿が造営され綱敷天満宮といわれるようになりました。江戸時代には小倉藩主小笠原氏の保護を受け、宝剣、太刀や連歌、また県指定文化財の「西山宗因筆連歌懐紙」「小笠原家奉納和歌集」などが奉納されています。 祭事、文化財 社殿周辺には菅公にちなんで約1000本の様々な種類の梅が植樹され、毎年梅まつりで賑わいます。また夏の夏越祭には茅の輪くぐりや高塚楽(町指定民俗文化財)が行われます。 2月中旬ごろ、千本の梅が見ごろを迎えます。"

もっと詳しく

他の投稿記事 Other reports